周りから求められている自分を演じているうちに、本当の自分を出せなくなっていました
0

    こんばんは。

    直観力コーチの鷹取智子(たかとりともこ)です。

     

     

     

    あなたは

     

     

     

    「仕事で周りから求められる自分のイメージやスキルと、本当の自分とのギャップに苦しんだ経験はありますか?」

     

     

     

     

     

     

    以前、コーチングセッションをしたお客様の真の課題はズバリこれでした。

    真の課題とは本心が感じている課題のことです。

     

     

     

    でもね、いきなりこの真の「課題、お悩み」にたどり着いたわけではなかったのです。

    セッションの前、お客様が感じていたお悩みは、

     

     

     

    「結婚したいけど、なかなか良い出会いがない」だったんです。

     

     

     

    どんどん質問でお客様の真の課題を掘り起こしていくうちに、直観で「あ、これは本心からのお悩みではないかも。

    他に真の課題があるのかもしれない」と感じました。

     

     

     

    コーチングでは、状況によりますが基本的には、

    「あなたは●●です」とコーチがクライアント(お客様)に言いきる事は少ないのです。

    コーチは質問やワークなどで、お客様の中にある答えを引き出していったり、話を要約したりするのです

     

     

     

    例えば、他人から指摘されて、頭で理解できていても心は納得できないことってありませんか?

    一方、自分自身で気づいた答えは腑に落ちるから、その後の変化や行動に繋がりやすいのです。

     

     

     

    また、コーチが話した内容をまとめて要約して伝える事で、ご自身の頭の中が整理されていきます。

    そこで、ご自身が思っている事を客観的に見ることができたり、新たな気づきがあったりするのです。

     

     

     

     

    そこで、私からお客様にいくつか質問をしていくうちに、ご自身でそれに気づかれました。

     

     

     

     

    「あ、私、プレッシャーから婚活しているだけで、本当は仕事や自分のプライベートを充実させたいです」と。

    ご自身の中にある答えが浮かび上がり、それに気づかれたのです。

     

     

     

    そして、仕事でのお悩みに話は変わり、聴いていくうちにこんな事に苦しんでいらっしゃったのです。

     

     

     

    ・周りからは、「論理的」「きちんとしている」「真面目」「人前で堂々とプレゼンテーションができる」

    と思われているし、それを求められているけど、本当はそうじゃないし、そうなりたいとも思えなくて苦しい

     

     

     

    ・本当は、人をサポートする仕事が好き。人と人を繋げるコーディネートや、黒子のような仕事にやりがいを感じる

     

     

     

    この「周りから求められている自分を演じているうちに、本当の自分を出せなくなって苦しい」

    「周りから求められる自分と本当の自分とのギャップがある」ことが、お客様の真の課題でした。

     

     

     

    潜在意識(無意識)の部分に入り込んでいて、なかなか自分では探りだせないので、このように「自分の頭で考えている悩み」と「本当の悩み」が違う事って本当に多いのです。

     

     

     

    お客様の話を聴いて、私もそのギャップにビックリしました。

     

     


    なぜかと言うと、まさにそのお客様の第一印象は「バリキャリそのもの」だったから。

    学歴もとても高く、お仕事内容も素晴らしい。いわゆるエリート街道まっしぐら、の方なので

    私も彼女を「論理的で、シッカリ者、バリバリ仕事をするパワフルな女性」と思い込んでいたのです。

     

     

     

    人は、目の前の人の学歴や仕事内容、役割、見た目や雰囲気から

    「この人は●●に違いない」と勝手に想像し、それを無意識に求めがちなのではないでしょうか。

     

     

     

    色々とお話を伺ううちに、

     

     

     

    ・少しずつでOKなので素の自分を出していってみる

     

     

     

    ・長所である「サポートやコーディネート」の領域を広げていってみる

     

     

     

    ・苦手なこともあってOK、と自分を認める

     

     

     

    そんな答えをご自身で出されました^^

     

     

     

    そして、もしかしてプライベートで男の人にも「本当の自分」を出せていなかった、との大きな気づきが

    得られたのです!!!

     

     

     

    頭の中がスッキリして、本当に良かったです。表面で思っていた課題と本当の課題が違っていて

    驚きましたが、納得できました。仕事に対しても、これでモチベーションがあがりそうです。

    あとは、プライベートでも本当の自分をさらけ出せるよう意識してみますね。これに気づけたのは、大きかったです!」

     

     

     

    と嬉しそうにお帰りになった柔らかい笑顔は、本当に素敵でした♡

     

     

     

    あなたが今、感じている

     

     

     

    「悩みや課題、モヤモヤすることは何ですか?」

     

     

     

    「そのお悩み、本当に今のあなたが感じている悩みですか?」

     

     

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | 22:48 | comments(0) | - |




    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category